ディスプレイサイズが3種類になると予想される「次期iPhone」のレンダリング画像

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、先日、2018年発売のiPhoneについて3モデルを予測しています。

モデルは、現行のiPhone X(5.8インチOLED、458PPI)の後継機種、それに加えて新たに6.5インチOLEDディスプレイ(320〜330 PPI)を搭載した大型モデル、ローエンド&ミッドレンジ市場をターゲットとした新しい6.1インチのTFT-LCDモデル(320〜330 PPI)になると同氏は述べました。

それについてBenjamin Geskin氏は、6.5インチOLEDディスプレイと6.1インチのTFT-LCDモデルの3Dレンダリング画像を公開しています

以下がそのリンクです。画像右上の3Diボタンを押すと、モデルを回転して360度方向から見ることができます。

iPhone 5.8 OLED (2018)

iPhone 6.5 OLED (2018)

iPhone 6.1 LCD (2018) 3d