Apple Parkのビジタセンター内の特別なiPadを利用したARによるキャンパス体験(動画あり)

平成29年11月17日(金)、Apple Park内のビジターセンターがグランドオープンしました。一般客が利用できるビジターセンターには、カフェとApple製品やそこでしか変えないAppleのグッズを販売しているストアがあります。

ビジターセンターでは、Apple Park内の施設について、模型と特別なARアプリがインストールされたiPadを使って、Apple Parkの全景を見ることができます。

そのiPadのリアにあるAppleのロゴは通常のロゴではなく、Appleの本社ビルと「Park」のロゴになっています。

AR体験用のiPadには「設定」アプリと「キャンパスのAR体験」のアプリがインストールされているだけで、他のアプリは見当たりません。

AR体験中にiPadの映し出されたApple Parkの本社ビル(通称スペースシップ)の屋根を指を使って持ち上げる操作をすると、内部レイアウトを見ることができます。

以下がそのAR体験のビデオです。

(via 9 to 5 Mac

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。