iPhone Xの「カメラ」アプリのスタジオ照明「ポートレートライティング」は「本物のスタジオ照明」にはかなわない

Appleは、iPhone XとiPhone 8 Plusで、通常スタジオ環境でしか撮影できない特定の照明条件をシミュレートするために設計されたカメラエフェクトである「ポートレートライティング」を導入しました。

これらの照明効果と、iPhone 7 Plusから導入された背景を柔らかくぼかす被写界深度効果と組み合わせると、プロフェッショナルな肖像画を簡単に撮影できるように設計されています。

この「ポートレートライティング」について、写真家のDaniel DeArco氏はiPhone Xを使用して実際のスタジオ照明とをiPhone Xの「ポートレートライティング」の撮影結果を比較したビデオで公開しまています。

写真家、DeArco氏の結論は。iPhone Xの「ポートレイトライティング」は通常より良い写真を撮影できますが、まだまだ設備が多くあるのスタジオとは比較できないレベルでした。

しかし、そうだからといって、iPhone Xのカメラが悪いわけではありません。スマートフォンのカメラ比較をしているDxOMarkで97点を獲得してますから、高性能のカメラと言うことは確かです。

(via 9 to 5 Mac