「iPhone X」の「Animoji」など、Appleの新技術は企業買収による人材獲得戦略の成果!

Appleは、ほんとんど大企業を買収しません。買収したとしても自社製品とのシナジー効果が出るBeatsのような企業です。

Beats買収の一番の目的は、Beats Musicを低入れ、遅れいていた音楽ストリーミングサービスに本格参入することでした。もちろんBeats本体のオーディオ製品は、ハイグレードでシンプルなデザインを採用しており、Appleのブランドイメージとの親和性があり製品からの利益も期待できました。

しかし、AppleにとってBeatsのような企業買収は例外的であり、ほとんどの企業買収は特定分野での先端技術を持っている企業の買収です。この場合、Appleは企業が販売している製品というより、その企業が持つ技術とそれを開発した人材をAppleの内部に取り込むのが目的です。

例え名マップの3Dフライオーバーの導入、Siriの導入、3D顔認識など多くの技術が、外部の優秀な人材を取り込むことによってiOSやmacOSに取り入れられてきました。

最近の新技術として注目を集めているのはAnimojiです。これはiOSやmacOS自体を変えるような大きな変化ではありませんが、基礎となる技術は非常に高度で、長年の研究によって生まれました。

これらのコンシューマーテクノロジーの起源にまでたどると、ほとんどの場合、大学院生が必至に研究する大学研究室に到達します。 Animojiの場合、研究は約10年前にヨーロッパの最も有名な技術学校で始まりました。

その研究の一部は、2015年にAppleが買収したモーションキャプチャの企業「Faceshift」の共同設立者、Mark Pauly氏が行ったものでした。

Appleは、小企業の買収についてはコメントしませんが、秘密裏に優秀な人材を獲得するために絶えず企業買収に取り組んでいます。

(参考:BGR