LGディスプレイ、2020年発売のiPhoneに向けて折りたたみ式ディスプレイを開発か?

韓国のサイトThe Investorによると、Appleはディスプレイ開発においてライバルであるSamsungにAppleの技術が流れることを恐れ、LGディスプレイと密接に協力していると言われています。

iPhoneに搭載が噂されている折りたたみ式ディスプレイについては、すでにSamsungが開発していますが、LGディスプレイのものもすでにプロトタイプとして公開されています。

LGディスプレイは、現在、折りたたみ式ディスプレイの耐久性の向上と生産歩留まりの向上に取り組んでいます。

LGは最近、将来のiPhone用の折りたたみ可能なOLEDディスプレイの開発行うタスクフォースを編成したと言われています。同社のLG Innotekは、剛性のあるフレキシブルプリント回路基板(RFPCB)を開発しているチームを持っていて、フレキシブルディスプレイと同時に使用されるようです。

業界関係者は、折りたたみ式のディスプレイを搭載したiPhoneは2020年以降になると予想しています。

(via MacRumors

 

Last Updated on 2017年10月12日 by M林檎

コメントを残す