【Tips】Macの「写真」アプリ内の画像を直接サードパーティアプリ(外部アプリ)で開く方法

macOS High Sierraでは、APFSの新ファイルシステムや動画圧縮率の高いHEVC(High Efficiency Video Coding)コーデックといった目立つ機能以外にも、使い勝手の改良が行われいます。

筆者が便利だと思っているのは、「写真」アプリに表示されている写真が、Photoshop、pixelmatorなどのサードパーティアプリ(外部アプリ)で直接開けるようになっていることです。

macOS High Sierraをインストールすると自動的にと編集可能な外部アプリを「写真」アプリに登録してくれます。

外部アプリの使用方法は「写真」アプリを起動させ、目的の写真を選択し右ボタンを押します。
ポップアップメニューの中から「外部変種」を選択すると、アプリ名が表示されるので、利用したいアプリを選択します。すると自動的にアプリが起動して目的の画像が編集状態になっています。(Tweetbotでは、写真がTweetできる状態になっています)

これまでは、「写真」から画像を外部に書き出して、それを外部アプリで読み込むという作業が必要だったので、今回の改良で外部アプリでの編集の際に、一手間減って非常に楽になりました。

 


 

Comments are closed.

Comments are closed.