Kindle日替わりセール、ジョン太郎(著)『外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話』599円

本日(2017年7月26日)のKindle日替わりセールは、ジョン太郎(著)『外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話』です。

価格は紙の本の価格が、1,490円で、Kindle本の価格は 891円割引 (60%FF)の599円となっています。

内容紹介:
本書は、現役の外資系金融マンである著者が、「自分の子供に教えておきたいお金の話」をまとめた書籍です。景気の不安定さもあり、「コツコツ貯金をすることが最も堅実」という昔ながらの考え方は、もはや通用しなくなっています。
それよりも、幼いうちから「お金(=金融)」についてしっかり理解させ、「自分の資産をどう守るか」という思考を身に付けさせなくてはなりません。実際欧米では、日本と違い、「金融教育」が学校でも盛んに行なわれています。本書では、「お金とは何か」「投資とは何か」ということについて、著者が「自分なら子供にこういう内容を教えたい」という視点から、丁寧に解説しています。
「子供にお金で苦労させたくない」というすべての親に、ぜひ手に取っていただきたい書籍です。