ソフトバンク、「WeWork」と合弁企業「WeWork Japan」を設立し、日本国内でコワーキングスペースの展開!

ソフトバンクが、「WeWork」と合弁企業「WeWork Japan」を設立し、日本国内でコワーキングスペースの展開すると発表しました。

「WeWork」は世界中に人びとによってシェアされるコワーキングスペースを展開する世界的な企業です。コワーキングスペースの利用者はクリエイター、起業家、中小企業、多国籍企業などで、柔軟に対応できるスペースやサービス、互いにつながるコミュニティーネットワークを提供しています。

「WeWork」は、これまで個人や企業のニーズに応じたワーキングスペースを提供し、アメリカでは、保険も提供するなど各国のニーズに応じたサービスを提供しています。

若い起業家にとって、コワーキングスペースは、他の起業家との交流や連携の接点となるため、大きなニーズを産み出す可能性があります。

「WeWork」本体の企業メンバーとしては、Microsoft、Dell、Spotifyほかの大企業が参加しています。現在の「WeWork」の料金プランはドルベースで1日45ドルから月額400ドルまでのプランがあります。

ソフトバンク → ソフトバンクとWeWork、日本のワークスタイルを変革する合弁会社を設立

 

Last Updated on 2017年9月7日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です