Apple、Safari Technology Preview 35を開発者に公開!(一般ユーザーも利用可能)

Appleが、Safari Technology Preview 35を開発者サイトで公開しています。一般ユーザーも利用が可能です。

Safari Technology Previewリリース35には、Media、Web Inspector、JavaScript、アクセシビリティ、WebAssembly、WebCrypto、Web API、およびCSSの修正と改善が含まれています。今日のアップデートでは、MotionMark SuitesとSpeedometerの2つのパフォーマンス関連のバグ修正も含まれています。

今回のSafari Technology Preview 35では、macOS High Sierra用とmacOS Sierra用の2つのバージョンが提供されています。

Safari Technology Previewは、開発プロセスに開発者やユーザーからのフィードバックを取り入れながら、最新のテクノロジーをテストするために公開されてます。Safari Technology Previewは、一度、開発者サイトでダウンロードすると、次回からはMac App Store経由でアップデートできるようになります。

 

Last Updated on 2017年7月13日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です