Apple、2018年には3種類のOLEDディスプレイ搭載の新iPhoneを発売か?

Nikkei Asian Reviwによると、Appleは2018年には3種類の新iPhoneを発売する予定だとのことです。Appleは新機種について何年も前から計画を準備していて、現在2019年モデルの設計を始めています。

しかし、新機種の発売前にAppleは何年も前から計画している考え方を変更しています。それには、新技術の供給体制が整うかどうかが大きく影響しています。

Appleは2017年には、OLEDディスプレイのiPhone 8とこれまで通りのLCDを搭載したiPhone 7sとiPhone 7s Plusを発売しますが、2018年に発売される新モデルの3機種はすべてがOLEDディスプレイになる見込です。

しかし、LCDディスプレイのiPhone 7sも引き続き販売されます。(Appleはローエンドモデルとして旧機種を販売し続けます)

しかし、これらの計画もサプライヤーの供給体制に依存します。今年発売のiPhone 8のOLEDディスプレイ、Samsung 1社に依存してますが、複数機種へのOLEDディスプレイ搭載となればLGディスプレイなどSamsung以外のサプライヤーからの安定供給が必要となります。

(via 9 to 5 Mac