iPhone 8の仕様がほぼ明らかになる!ディスプレイ内の指紋認証センサー搭載はなし

OLED iPhone

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)が、iPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusについての新しい予測を発表しています。

iPhone 8で搭載が予想されていたディスプレイ内のTouch IDセンサーは、技術的に感知能力を維持するのが難しいため、iPhone 8には搭載されないとのことです。その代わりに3Dの顔認識機能が搭載されるとのことです。

以下は、Kuo氏の予測です。
※iPhone 8は「OLED iPhone」、iPhone 7s、iPhone 7s Plusは「LCD iPhone」と表現しています。

1)2017年の後期に5.2インチ(対角線上には5.8インチ)のOLED iPhoneと、4.7インチと5.5インチのLCD iPhoneの3モデルが発売される。

2)OLED iPhoneはフルスクリーンデザインを採用する。(ディスプレイ上部はベゼルが突き出たノッチデザイン)

3)OLED iPhoneは顔認識のための3Dセンシング機能が搭載される。

4)OLED iPhoneとLCDの5.5インチiPhoneのRAMは3GB、LCDの4.7インチモデルは2GB

5)3モデルに64GBと256GBのストレージオプション

6)3つの新しいモデルにはすべてライトニングポートを搭載、高速充電のためにUSB-C電力供給ICを内蔵

7)OLED iPhoneのレシーバーとスピーカーの出力が向上し、よりよい音質になる。

8)OLED iPhoneはより高級感を出すため、カラーオプションが他のモデルより少ない。

9)3モデルは同時に発表されるが、量産時期はOLED iPhoneは10月〜11月、LCD iPhoneは、8月〜9月、3モデルとも2018年の前半までは供給不足は解消されない見込み。

10)2017年中の新型iPhone(3モデル)の出荷台数は、8,000〜8,500万台で、OLED iPhoneとLCD iPhoneの割合は半々になる見込み。

気になるのはiPhoneの生産スケジュールで、OLED iPhoneの量産は、LCD iPhoneの量産の後になるため、OLED iPhone最悪の場合は2017年中に入手するのは非常に困難な状況になるかもしれません。

また、Kuo氏は、期待されているワイヤレス充電については触れておらずOLED iPhoneに搭載されるのかどうか不明です。

(via MacRumors