Apple、「Apple Music」での58%という音楽レーベルへの支払い料率を下げるため交渉中!

Appleは、現在、Apple Musicにおける収入の58%を音楽レーベルに支払っています。
Appleは、この支払い率が高すぎるとして音楽レーベルとの間で料率を下げる交渉を行っています。

レーベルとの交渉を行う理由は、ライバルのSpotifyの支払い料率が、加入者増を条件にレーベルに支払っている料率が最近55%から52%に下げられたことです。

SpotifyとApple Musicでは、サービスの条件や加入者数が異なるため、同様の料率にすることができるのかどうか分かりませんが、Appleは、Spotify並の料率に下げようとレーベルと交渉してます。

音楽レベールとの交渉が契約更新月の6月末までにまとまらなければ、Appleは交渉が成立するまで現在の58%を支払い続けなければなりません。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年10月6日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です