iOS 11、写真・動画の保存容量を約半分にする「新しいHEIF / HEVCカメラフォーマット」をサポート!

AppleはWWDC 2017の中で、iOS 11では、従来に比べて写真・動画の保存容量が約半分になると発表しています、Appleはそれを実現するために、新しくHEIF / HEVCフォーマットをサポートすることが明らかになりました。

これらの高効率フォーマットでは、HEICの画像は「.HEIC]」ファイル、HEVCの動画は「.mov」ファイルとして保存されます。 これまでの最も互換性の高い画像は「.jpg」、h.264の動画ファイルは「 .mov」ファイルとしてとムービーとして保存されていました。
HEIC-fdafasdf
9 to 5 Macが同じシーン(上画像)を撮影してテストしたところによると、JPGイメージで2MBの画像は、HEICイメージでは1.2MBで保存されたとのことです。また、動画では、これまでのH.264でエンコードされたビデオは61.2 MBでしたが、新しいH.265(HEVC)ビデオは33 MBでした。

iOS 11 beta 1では、写真・動画のフォーマットについては「iOS設定」→「カメラ」→「フォーマット」で切り替えることができます。

ただ、これらの新フォーマットは互換性の問題があります。世間の様々なサービス、アプリケーション、ハードウェアが新フォーマットをすぐにサポートするわけではありません。新しいカメラフォーマットを使用するには、今のところA9チップ以降のチップを搭載したiOSデバイスが必要です。

近い将来、Appleが、デバイス内のSDやHDビデオなどのライブラリ全体を新フォーマットで再エンコードできるようにするかもしれませんし、ストリーミングやダウンロード時にも新フォーマットが使用できるようになるかもしれません。これらの新フォーマットがどのくらい広がるのか見守る必要があります。

(via 9 to 5 Mac