27インチiMacの低価格モデルに64GBのRAMに換装可能

WWDC 2017で発表され、発売が開始された27インチiMacの一番価格の安いローエンドモデル「Retina 5Kディスプレイ 3.4GHzプロセッサ 1TBストレージ」モデルについては、オプションで増設できる最大メモリが32GBになっています。

これについて、OWCが実際に搭載可能な最大メモリ(RAM)を調査しました。

その結果、スペック上最大32GBになっている最大のメモリ容量が、実際は64GBであることが分かりました。

Appleの5K iMacには、最大16GBのメモリスロットが4スロット用意されているため、64GBにしたい場合は安価な(OWC製?)サードパーティメモリを利用するのがお得だとのことです。

参考ですが、21.5インチiMac、オンボードRAMですから、購入時にオプションでメモリを増加するしか方法がありません。

(via MacRumors