Apple、iOS 11でTwitterとFacebookを一般アプリと同様の取り扱いに

iOS 10の「設定」アプリでは、Facebook、Twitter、Flickr、Vimeoの4つのアプリは、他のサードパーティアプリと区別されていて、iOSにユーザーアカウント情報が組み込まれています。

それによって、それらのサービスを利用する必要のあるサードパーティのアプリケーションがFacebook、Twitterにアクセスできました。

Axiosによると、それがiOS 11ではTwitterとFacebookがAppleによる特別扱いから一般のサードパーティアプリと同様の扱いになるとのことです。

AppleはiOSにTwitterを組み込み、その後Facebookを組み込みましたが、何らかの路線変更を図ったようです。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年6月6日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です