中国で大もめにならないの??Appleが人気メッセージングアプリの「WeChat」などから新規に30%の手数料を聴取

Appleは、Apple、中国の人気メッセージングアプリの「WeChat」などから新たに30%の手数料を聴取すること決定したとのことです。

WeChatその他の中国のソーシャルメディアアプリには、ユーザーが、コンテンツプロバイダに1元(15セント)以上の寄付を送って報酬を与える「ヒント」機能が含まれていて、寄付はモバイルウォレット間でチャットアプリによって転送されます。

Appleは、「ヒント」機能をゲーム、音楽、ビデオの購入と同様にアプリ内課金とみなし、30%の手数料を聴取するとのことです。もしWeChatが、従わない場合はApp Storeから削除されます。

WeChatが注目されるのは、非常に多機能でオペレーティングシステムのようにアプリ内で多くのことができ、Appleも収入確保のためこれを放置できなくなったようです。

(via 9 to 5 Mac