睡眠科学の専門家、Roy J.E.M Raymann氏がAppleを退社

Appleは、先日、iPhoneに接続し睡眠状態をモニタリングするアイテム「Beddit 3 Sleep Monitor」やそのデータを収集するアプリの開発元Bedditを買収し、睡眠の研究や技術開発を重点的に進めていることが明らかになりました。

しかし、それとは裏腹にAppleから睡眠科学者のRoy J.E.M Raymann氏が退社したことをMobiHealthNewsが記事に掲載しています。

Raymann氏は、同2014年にAppleに入社し、Apple Watchの開発の取り組んでいると考えられていましたが、実際は夜間画面のブルーライトを軽減する「Night Shift」や就寝時のアラート機能、ResearchKit、HealthKitの開発に取り組んでいました。

Raymann氏は、今年4月にAppleを退社し、自分のアイデアをはサンディエゴにある人びとの不眠を解消するために活動している企業「SleepScore Labs」に持ち込んだようです。同氏がAppleを去った正確な理由は明らかになっていません。

(via 9 to 5 Mac