Appleはあきらめていなかった!現在も自動運転技術を開発中

chevrolet_apple_carplay_may_27_2015-100587439-large

ロイターによると、Appleが12月3日、米道路交通安全局(NHTSA)に宛てた書簡において、「機械学習と自動化の研究に多くの投資をしている」と表明しました。

そのため「交通を含む多くの分野でシステムが自動化される可能性にわくわくしている」とし、自動運転に過度な規制を設けないよう要望したとのことです。

Appleの自動運転自動車プロジェクト「タイタン」は、当初の計画通り進まず、プロジェクト「タイタン」に元上級副社長で実力者のボブ・マンスフィールド氏を投入し、プロジェクトの再評価を行い従業員の解雇などを行ったと言われています。

Appleの将来計画に詳しいKGI証券の(KGI Securities)アナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏は、Appleは電気自動車開発よりもAR(拡張現実)を活用した「革新的なユーザーエクスペリエンス」を提供する自動運転システムなどを開発していると述べています。

Googleも、自動車開発そのものは行わず、ソフトウェア開発の方に注力していると言われています。
Appleが、自動運転自動車の開発そのものを安倉メタ華道家までは不明ですが、少なくとも今回の書簡により、ソフトウェア開発は続けていることが明らかになりました。

Last Updated on 2017年10月11日 by M林檎

コメントを残す