SamsungとTSMCの「A9」を搭載したiPhone 6sの性能差は2〜3%

Samsung-vs-TSMC-iPhone-6S.001

Ars Technicaが、Samsung製とTSMC製の「A9」を搭載したiPhone 6sのバッテリー持続時間の性能差は、わずか2〜3%程度であることをテスト(上グラフ)によって明らかにしました。

これは通常の使用においては、iPhone 6sの個体差によるバッテリー持続時間の差はほとんどないというAppleの主張を裏付けるものです。

テストは、AT&TのiPhone 6sからSIMカードを取り外して行われました。Wi-Fiのブラウジング、WebGL、GFXBenchのテストでは、性能差はわずかで、Geekbench 3のみ大きな差が出ました。しかし、これは現実の使用状況を反映しているとは言えません。

従って、Appleの言うとおり、チップメーカーによるiPhone 6s / 6s Plusの個体差を気にする必要はないのかもしれません。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年10月13日 by M林檎