Google、AppleがiOS 9に搭載する広告非表示機能を無効にするコードを公開

apple-wwdc-20150264

Googleが、AppleがiOS 9に搭載する広告非表示機能を無効にするコードを公開しました。

Appleは、App Transparent Security(ATS)というセキュリティ基準を設けて、HTTPSで暗号化されている広告のみを表示する機能をiOS 9で導入します。これは結果的にユーザーにとって、ウェブページのロード時間短縮というメリットももたらします。

これが、広告収入がメインのGoogleにとって死活問題になると、以前の記事で報じましたが、Googleは早速対抗措置をとってきました。
それが以下のコードで、これを挿入すると広告が表示されますが、セキュリティは下がるので、最終手段とのことです。

<key>NSAppTransportSecurity</key>
<dict>
<key>NSAllowsArbitraryLoads</key>
<true/>
</dict>

(via iPhone Hacks