Apple、最新のiOS 8.4.1でサンドボックスを回避できる脆弱性を修正

13975-9151-hero_large-l

Appleが、最新のiOS 8.4.1で、サードパーティアプリケーションにおいて、データ保護機能であるサンドボックスを回避できる脆弱性を修正しているとのことです。(via AppleInsider

サンドボックスに脆弱性があると、企業が独自に配布したアプリケーションなどで、設定が外部に漏洩する可能性がありました。

JVN→Apple iOS の CFPreferences におけるサードパーティのアプリケーションサンドボックス保護メカニズムを回避される脆弱性

※サンドボックスは、各アプリケーションが他のアプリケーションのデータや設定にアクセスするのを防ぐ機構です。

Last Updated on 2015年8月21日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です