KGI証券の有名アナリスト、次期iPhoneのスペックを予測:ローズゴールドの追加ほか

9mp_iphone6_render_backdetails-copy (1)

Apple製品の予測で定評のあるKGI証券(KGI Securities)アナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)が、2015年にリリースされる次期iPhone(iPhone 6s / 6s Plus?)のスペックを予測しています。(via 9 to 5 Mac

1.Force Touch(感圧タッチ)
2.4.7インチと5.5インチモデル(4インチモデルはなし)
3.ローズゴールド・カラーの追加
4.12メガピクセルカメラ
5.マイクを1個追加(音質改善)
6.A9プロセッサ、2GBのRAM
7.材料と設計見直しによりボディが曲がる問題を改善
8.5.5インチモデルにサファイアガラスディスプレイ搭載(供給上の制約から一部モデル)
9.Touch ID認識率の向上(Apple Payの利用促進)
10.ジェスチャーコントロールのサポート
11.8月中旬に製造開始、2015年の出荷台数8,000-9,000万台、4.7インチモデルと5.5インチモデルの割合は2:1

Last Updated on 2017年9月7日 by M林檎

コメントを残す