iOS 6、全キャリアがFaceTimeの3G/4G対応をサポートするのか疑問

Facetime main

iOS 6のウリの一つにFaceTimeが、従来のWi-Fiに加えて携帯電話ネットワークで使用できるようになることがあります。

AppleのiOS 6先行告知のページにも大きく掲載されていますが、誰もが気になるのがネットワークのトラフィック問題です。

FaceTimeをバンバンやられ出すとキャリア(携帯電話会社)はたまったものではありません。きっと何かの対策を講じてくるはずです。

MacRumorsは、この件に関してキャリアは沈黙を守っているとしています。しかし、Appleがアナウンスする以上、アメリカ国内の主要キャリアの了解はとってあるはずです。従ってアメリカ国内での問題は料金です。

iOS 6の先行告知のページには、下の方に小さく注意書きが書かれています。

「携帯電話ネットワーク経由でFaceTimeを利用するには、携帯電話データ通信機能を持つiPhone 4SまたはiPad(第3世代)が必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。国によってはFaceTimeを利用できない場合があります。

要するに「別途、通信量をとられる」場合があるし、「国によって利用できない」場合があるということです。

Appleが「国によって」としたのは、同一国でサポートできるキャリアとできないキャリアがあると、一方に売り上げが偏りすぎることになるので、「キャリアごと」ではなく「国ごと」にしたのではないでしょうか?

さて、FaceTimeの3G/4G対応は日本国内でサポートされるでしょうか?

怪しい・・・

Last Updated on 2017年6月9日 by M林檎

コメントを残す