次期iPhone 5のディスプレイが(横幅を広げず)縦長になるのは、片手での操作にこだわったためか。

Iphonedisplay-120606サプライチェーン内部に情報ソースを持つKGIアナリスト、Mingchi Kuo氏はiPhone 5のディスプレイサイズは4.08インチで、解像度1136×640ピクセルになると述べています。(AppleInsider)

次期iPhoneのディスプレイは、アスペクト比は16:9でタッチセンサーを内蔵したインセル型のIPS液晶パネルの搭載が予想されます。

現在のiPhone 4Sの解像度は、960×640ピクセルでアスペクト比は3:2です。互換性を持たせるために次期iPhone でも、3:2の旧アスペクト比で表示することができます。(余白を設けるのでしょうか?)

次期iPhone 5のディスプレイは、より大きな4.3インチクラスの(横幅が広い)ディスプレイを採用することもできましたが、片手での操作にこだわると同時にバッテリー消耗を考慮したため、縦長のディスプレイを採用することになったようです。

Last Updated on 2015年5月22日 by M林檎

コメントを残す