Appleがフリーの地図「OpenStreetMap」の使用を公式に認める。

IPhoto2
AppleがリリースするiOSアプリのiPhoto内で地図情報を表示するために使用するマップが、GoolgeマップからフリーのOpenStreetMapに変更になっていることが以前(今年3月)に話題になりました。

関連記事→AppleがiPhotoで使用している地図はフリーのOpenStreetMapを加工したもの!?

これはGoogleがGoogleマップのAPIを埋め込んだアプリのうち、大量に利用するアプリについては、開発者から使用料を徴収するよう方針を変更したことを受けての動きだと思われます。

この件についてAppleは何もコメントをしていませんでしたが、iPhone・iPadアプリの「設定」→「iPhoto」→「謝辞」の中に「OpenStreetMap」の記述が見つかりました。(9 to 5 Mac)

Appleらしいサイレントなやり方ですね。

Last Updated on 2016年10月22日 by M林檎

コメントを残す