なぜ、アメリカではApple TV・第2世代のほうが第3世代よりも価格が高いのか?

Amazon.com_ Apple
9 to 5 MacがApple TVの販売価格について、旧バージョンと新バージョンで価格の逆転現象が起きていると報じています。

Amazon(アメリカ)では、第3世代の価格は99ドルで、第2世代は178ドルとなっています。(他の販売業者も同様です)通常は、新バージョンの発売されると性能が下回る旧バージョンはディスカウント販売されるケースがほとんどですが、Apple TVはそうなっていません。

性能面では、1080pの動画再生可能な第3世代と720pの動画再生までしかできない第2世代との違いは明らかですが、その他に大きな違いはなく、第2世代を持っているならば、(よほど動画コンテンツの画質にこだわるのでなければ)買い換えなければない理由は見当たりません。

そうだとしても、99ドルと178ドルの価格の違いは奇妙です。
9 to 5 Macはその理由をJailbreakができるかどうかではないかとしています。第2世代は在庫が少ない上に、Jailbreak(脱獄)できるので、自由にカスタマイズしたいユーザーに人気がるのではないかとの推測です。(第3世代も近い将来には完全にJailbreakされるでしょうが、現在は不十分です)

Amazon.co.jp_ Apple TV
この件について、日本のAmazonでは価格の逆転現象は起こっていません。日本のユーザーは健全なのでしょうか?
それとも、日本ではApple TVに興味を持つ人自体が少ないのでしょうか?