[ iPhone・iPadプリ]データベースアプリFileMaker Go 12がリリース!(無料化)

ITunes App Store で見つかる iPad 対応 FileMaker Go 12 for iPadデータベースアプリのFileMaker Go 12 for iPad、FileMaker Go 12 for iPhoneがリリースされました。

大もとのFileMaker Proがバージョン12にアップグレードしたのにあわせてのリリースです。バージョン11→12へのアップグレードと同時にこのアプリが無料化されたのはラッキーです。

iPad版とiPhone版が別々にリリースされているので、それぞれをダウンロードする必要があります。

このアプリはFileMaker Proのデータベースにリモートアクセスしたり、iTunes経由、メールでファイルを転送しデータベースを利用します。データベースファイルの作成や修正にはFileMaker Proが必要です。

主な新機能は以下のとおりです。

– マルチタスクのサポート — ほかのアプリからデータベースアプリに戻ったとき、FileMaker Go は切り替え前と同じ場所から作業を再開できます。

– メディア統合の向上 — ビデオや音声を iPad で記録し、オブジェクトフィールドに直接追加できます。FileMaker Go から直接メディアを再生できます。

– 複数フォーマットでデータをエクスポート — Excel ワークブック(.xlsx)、コンマ区切り(.csv)、タブ区切り(.tab)、dBase(.dbf)、HTML(.htm)、Merge(.mer) といった複数の新しい形式で、FileMaker Go からデータをエクスポートできます。

– オブジェクトフィールドの強化 — FileMaker Server 12 でデータベースをホストすれば、データストレージの限界を気にせず、動画や音楽をデバイスからすぐにストリーム再生できます。

データベースを持ち歩こう
iPad からアプリにアクセスするには、次の3つの方法があります:

-FileMaker Server 12 もしくは FileMaker Pro 12 でホストされたデータベースに、LAN 経由、Wi-Fi 利用、もしくは 3G 回線で接続する。すべての変更はホストされたファイルへ自動的に反映されます。

-デスクトップやラップトップのコンピュータから、iTunes のファイル共有を使って FileMaker Go にデータベースをコピーする。

-Eメールで送ったデータベースをダウンロードして FileMaker Go で開く。

App Store → FileMaker Go 12 for iPad

App Store → FileMaker Go 12 for iPhone

Last Updated on 2015年5月21日 by M林檎

コメントを残す