AppleのiOS依存体質が強まる。

Screen-shot-2011-01-21-at-1-21-1.43.55-PM

Appleの過去5年の売上の推移です。2005年の第4四半期に50億ドルだったAppleの売上が2010年の第4四半期には250億ドルを超え、約5倍という驚異的な成長となっています。

2005年当時の売上はほぼMacとiPodでしたが、現在ではiPhone、iPadなどのデバイスが売上が約半分を占めるようになりました。

iPodを含めたiOSデバイス全体がApple全体の売上の65パーセントを占めています。今やAppleの主力製品はMac(OS X)ではなくiPhone、iPad、iPod touchのiOSデバイスとなっています。

Appleは最近、iOSでの開発成果をOS Xに取り入れようとしています。またiOSデバイスで構築したiTunesを含めたエコシステムをMacへも取り入れApp Storeを開設しました。

今後、スマートフォンとタブレットデバイスの市場は拡大していくことが予想されるので、AppleのiOSデバイス依存度はますます高まるでしょう。

 →9 to 5 Mac

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。