【美しすぎるタブレット&スマートフォン】Appleの製品はどこまでも美しい!

Ipad-blue

 

「Appleの製品はどこまでも美しいよねぇ」

魅力的な女の子と二人でApple Storeに出かけて、ロマンチック気分でそんな会話をする事は一度もなかったけれど、確かに職場の女の子と暇つぶしにそんな話をした憶えはあるんです。

だって、iPadはひょっとすると女性の流れるようなボディラインとな滑らかな肌触りをイメージして作ったんじゃなかと思えるほど、裸状態で持つと快感なんですよね。

でも、万が一手を滑らしてしまったなら、大きな悲劇が待ってるので無骨なケースをボディに纏わせてしまうのは仕方がないことですね。ちょっと惜しいような気がしますが。

Iphone4-1

iPhoneだって、同じように生のボディを触ると薄くて硬いボディとエッジの効いたボディラインが手のひらに程よい刺激を与えてくれて、とても気持ちイイので用もないのにケースを外しては触りまくったりしています。

僕って、明らかにWindowsファンだったけれど、iPhoneとiPadを使い出してからは、Appleの虜になってしまったんです。まるで魔法にかけられたような気分です。

「どこが、そんなにいいんだって?」

ひとことで言うならば「禁欲的統一感」とでも表現したらいいのでしょうか。削ぎ落とされたデザインとこだわりのシンプルなユーザーインターフェイスが絶妙なのです。Androidも素晴らしいですけれど、カスタマイズが出来る分、各機種の統一感がないんですよね。

勝手に解釈していますが、佐藤可士和さんの追求するミニマムな世界と共通なんですよね。簡単そうでできないデザインの世界がまるでマジックのようなんです。きっとデザイナーの身を削って生み出されたデザインの力なんでしょうね。

 

 

Last Updated on 2010年10月28日 by M林檎