iPadで感じる日本の落日!? 中身は韓国・台湾・アメリカ製で組み立ては中国。日本製はどこにもない!

 
Iphone-cost

Rocketニュース24によるとiPadの原価は22000円ということです。以前よりも下がった気がしますが、円高のせいでしょうか。
iPadの原価はかなり安いなという印象ですが、それよりも気になるのが部品の製造国です。3Gの時は日本製の部品があったのですが、iPhone4ではまったくなくなりました。

以下が部品の単価と製造国です。

・WiFi専用『iPad』16GBバージョンの原価
IPS液晶ディスプレイ LG Display社製 韓国 65.00ドル
タッチスクリーン Wintek社製 台湾 30.00ドル
PCB基板・コネクタなど  32.50ドル
バッテリー TechnologyDynapack社製 台湾 21.00ドル
マイクロプロセッサー Samsung社製 韓国 19.50ドル
モバイルSDRAM Samsung社製 韓国 7.30ドル
無線LAN・Bluetooth・FMモジュールチップ Broadcom社製 米国 8.05ドル
タッチスクリーンコントローラー Broadcom社製 米国 2.30ドル
タッチスクリーンドライバー Texus Instruments社製 米国 1.80ドル
マルチオートコントローラー Broadcom社製 米国 1.40ドル
オーディオ機器 Cirrus Logic社製 米国 1.20ドル
電源管理チップ Dialog Semiconductor社製 ドイツ 2.10ドル
電源管理チップ Samsung Semiconductor社製 韓国 1.25ドル
その他の機器 20.20ドル
NANDフラッシュメモリー Samsung Electronics社製 韓国 29.50ドル
筐体 7.50ドル
合計 250.60ドル(製造費9ドルも含めれば259.60ドル)

これを見ていると何だか日本の没落を感じてしまいます。
アメリカの次にiPadが売れているのが日本だというのに日本で儲かっているのはSoftBankだけなんですね。
何だか寂しい気分です。