備忘録として便利!iPhone・iPadの標準「メモ」アプリとGmailを連携させる方法

20110617-235508-002-spx

iPhoneとiPadには、高機能なメモアプリがたくさんリリースされているので、標準アプリの「メモ」を使うことはあまりないかも知れません。

しかし、この「メモ」で書いた文章がクラウドのGmailへ自動的に記録されるようのなれば、かなり便利な備忘録として活用できます。

簡単な設定を行うと、iPhoneやiPadで書いたメモが下の写真のようにGmail内の「Notes」に記録されるようになります。

Notes0

加えて便利なのはiPhoneで書いた文章は、同時にiPadにも同期され、iPadからもメモを見ることができるるようになります。

思いついたアイデアや忘れては困るメモをiPhone・iPadから書いていけば、後はPC・Mac、iPhone・Mac側からメモをの内容を確認したり、メモを編集したりできます。

その設定は以下の通りです。

まずiPhone(iPad)の「設定」画面を開き、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。すると以下のようにメールやカレンダーのアカウントを設定できる画面が現れます。

20110617-235508-003-spx

「アカウントの追加」を選ぶと、追加するサービスを選択する画面に移ります。そこで「Gmail」を選択します。


20110617-235508-005-spx

次に「Gmail」のメールアカウントを登録します。(当然ですが、Gmailのメールアカウントを事前に取得しておく必要があります)

ここで下のように「メモ」をONにするとGmail側に「Notes」という表示が現れ、「メモ」アプリとGmailを連携できるようになります。(カレンダーを選べば、Googleカレンダーと「カレンダー」アプリが同期するようになります)

20110617-235508-001-spx

これで、iPhoneやiPadの「メモ」がかなり使えるアプリに変身するはずです。

※この連携にはiOS4以上のiPhoneかiPadが必要です。