2018年のiPhoneには、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)と高速通信モデムを採用!?

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏の最新レポートによると、2018年のiPhoneは、LTE + LTE接続をサポートするデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)機能を搭載しているため、2枚のSIMカードを1セットの …

記事全文を表示

Apple、将来のiPhoneに搭載される5G通信にIntel製モデムを採用することが決定的

Appleは、通信技術の大手Qualcommと特許紛争を抱えていることもあり、Intelと連携しIntel製の5G通信モデムの採用を検討しています。 Fast Companyによると、Appleは、iPhone用に開発されるIntel製モデムの性能について各キャリアに対してその性 …

記事全文を表示

Apple、2018年の次期iPhoneは、5.8インチOLED、6.5インチOLED、6.1インチLCDの3モデル構成!

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、2018年に発売されるiPhoneについて予測したレポートを投資家向けに発行しています。 それによると、現行のiPhone X(5.8インチOLED、458PPI)は第2世代の後継機種 …

記事全文を表示

2018年に発売されるiPhone Xの後継機には、セルラー信号伝送を改善するために「より複雑な」金属フレームを採用

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると2018年にリリースされるiPhoneには、データ伝送品質を向上させるための「より複雑な」メタルフレームデザインとケーシングアセンブリが採用されると予想しています。 同氏によると、 …

記事全文を表示

Apple、2018年発売のiPhoneとiPadで紛争中のQualcomm製の通信モデムを搭載せずIntel・MediaTek製を採用

Appleは、Qualcomm(クアルコム)からLTEモデム技術に関する特許侵害訴訟を起こされていて、紛争中です。 The Wall Street Journalによると、2018年発売のiPhoneとiPadで紛争中のQualcomm製のLTEモデムを搭載せず、Intel・Me …

記事全文を表示