日本の国会議員、超党派でUFOを調査するUFO議連を立ち上げ!「安全保障から考える未確認異常現象解明議員連盟」を結成!

UFOを含む正体不明の異常現象などをさす「UAP」の調査については、アメリカの国会でも真剣に議論され、国防総省に専門機関が設置されているという現状があります。

これに刺激を受けた形で元防衛相の浜田靖一を会長として議連が6月6日に立ち上がりました。

一番の理由は、安全保障上の脅威です。
アメリカでは、過去にプロジェクト・ブルーブックやコンドン委員かなど立ち上げられ、UFOを調査してきましたが、いずれも自然現象等で片付けられて来た過去があります。

しかし、どういうわか、4年前、ペンタゴン(米国防総省)が機密を解除し、米軍が撮影した未確認飛行物体の動画を3本公開しました。

理由は分かりませんが、もう隠しきれなくなるほど出現が増えているのでしょうか。

このような米国の流れを受けてのUFO議連の立ち上げです。メンバーには石破茂氏や小泉進次郎氏も参加してます。

まあ、日本の議連はほとんど何の力も無いので、今後、防衛省内に特別の組織が必要だと考えられます・

Last Updated on 2024年6月9日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です