SoftBankは,SamsungとArmのパートナーシップについて話し合う予定

画像ソース:Kiyoshi Ota/Bloomberg

Bloombergによると、SoftBank Groupの孫正義社長は3年ぶりにソウルを訪問し、SoftBankが所有するArmとSamsung Electronicsの間の潜在的なパートナーシップについて話し合う予定です。

SoftBankの広報担当者によると、孫氏は「サムスンとArmの戦略的提携について話し合いたい」。と述べました

孫氏は,Nvidiaへの400 億ドルの売却計画がArm の顧客からの抗議を受けて頓挫した後,彼の主な焦点はアメリカで Armを株式公開することだと繰り返し言った。

この英国の会社は、スマートフォンからスーパーコンピューターまで、あらゆるものに見られる半導体技術の販売とライセンス供与を行っています。同社が 5,500億ドル規模のチップ業界全体に浸透しているのは、特定の企業がその技術に特権的にアクセスできないという基本理解に基づいています。

従って、SamsungがArmの株式を取得し、実質的な支配権を取得するとなると、業界では大きな問題になる恐れがあります。

特に米国は、Armのチップテクノロジーが、特定のIT企業に独占的に所有されることを嫌っており、米国内の法律で、買収を不可能にする可能性があります。

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。