Apple、iOS 15.6.1へのサイニング(署名発行)を停止、iOS 16からのダウングレードは引き続き可能

Appleは、iOS 15.6.1への署名発行を停止しますが、iOS 16からのダウングレードは引き続き可能です。

iOS 15.6.1は1か月前にiPhoneおよびiPadユーザーにリリースされ、アップデートには重要なセキュリティ修正が含まれていました。ただし、先週の iOS 16の公式リリースにより、Appleは iOS 15.6.1への署名を停止しましたが、iOS 16 から iOS 15にダウングレードする方法はまだあります.

Apple によると、iOS 15.6.1では、アプリがユーザーの同意なしに任意のコードを実行できる 2つの主要な脆弱性が修正されています。

このアップデートは8月17日に公開されました。もちろん、これらのセキュリティ修正(新しい修正に加えて) はすべて iOS 16 に含まれているため、Apple が iOS 15.6.1のサポートを停止したことは驚くことではありません。

古いiOS ビルドに戻すことは、iPhoneやiPad をジェイルブレイクする人によってよく使用されます。今月初め、Odysseyチームグループは、 iOS 15を実行するデバイス向けの最初のジェイルブレイクツールに取り組んでいることを発表しました。

ただし、システム保護が非常に強力になったため、このツールは iOS 15.0から iOS 15.1.1までのバージョンでのみ機能します。

Apple デバイスを以前のバージョンのiOSに復元することは、最新バージョンの iOSにアップグレードした後に重大なバグに遭遇したユーザーにとっても役立つ場合があります。

iOS 15.6.1や iOS 15.1に簡単に戻すことはできませんが、iOS 16 から最新バージョンの iOS 15にダウングレードする機会はまだあります。これは、Appleが先週、iOS 16 をまだインストールしたくないユーザー向けにiOS 15.7をリリースしたためです。

iPhone または iPad をダウングレードする場合は、Macまたは PCを使用して行う必要があります。

Appleがユーザーに古いバージョンの iOSを使用できるようにするオプションを提供したのは、これが初めてではありません。昨年、iOS 15が利用可能になると 、Appleがまだ iOS 14のセキュリティ アップデートをリリースしている間、ユーザーは iOS 14を長く使用することを選択できました。

ただし、 同社は数か月後にこのオプションを削除しました。iOS 16の代替オプションとして iOS 15.7がいつまで利用可能であるかは不明です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。