イーロン・マスクは、たったの一言で、すべての従業員に優れたリーダーシップの教訓を伝える。

画像ソース:Wikipedia

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、ワーク ライフバランスの代表的な人物ではないかもしれませんが、不十分なコミュニケーションと不適切な管理がもたらす結果を明確に理解しています。

マスク氏が数年前に従業員に送信した電子メールは、後に一般に公開されましたが、次の簡単な教訓が含まれていました。

コミュニケーションは、(冗長な)命令系統ではなく、仕事を完了するために必要な最短経路を介して行われるべきです。

マスクは、階層や複数のチャネルを介したコミュニケーションが物事を遅らせ、イノベーションを台無しにする可能性があることを知っているため、このメッセージは明らかにマネージャーへの警告でした。実際の仕事をしている従業員は、マネージャーに行く必要はありません。

マスク氏は、階級や地位に関係なく、あらゆるレベル間であらゆる方向に情報が移動しなければならないことを理解しています。この分散化されたボトムアップの管理アプローチは、リーダーシップの未来です。効率と生産性を向上させるような方法で何かを伝達する必要がある場合、マスク氏の指摘によれば、それは最短距離を移動する必要があります。

現在、トップダウンのコマンド・アンド・コントロール環境にいる場合、言うは易く行うは難しです。必要なシフトは何でしょうか?

マスク氏によると従業員に決定、参加、および仕事の最善の達成方法を決定する自由と機会を与えます。従業員は起業家精神にあふれた環境で成功し、会社に投資されているように感じます。

これは、特に彼らが最善の行動方針を知る適切な能力とスキルを持っている場合、彼らに自分の仕事の所有権と自分で決定を下すライセンスを与えることを意味します. その自由を許すと、より高いレベルでパフォーマンスを発揮する可能性が高くなります。

リーダーの目標は、チーム メンバーが正しい決断を下せるようにすることです。直面している問題を積極的に解決し、結果に対して全責任を負うよう支援しています。

善良な本能に従って行動したことに対する叱責の恐れは、人間の精神を打ち砕きます。マネージャーは、学習プロセスの一環として、従業員に自律性、意見を表明する声を与え、リスクを冒したり、間違いを犯したりすることを許可することにより、雰囲気から恐怖を解消する必要があります。
受け入れる気持ちと励ましの雰囲気を育むことから始めましょう。

(via INC

Last Updated on 2022年9月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。