米国でも日本と同様に3.5インチフロッピーディスクの需要がある。

日本で行政関係の一部手続きが、いまだにフロッピーディスクで書類やデータの提出を求められていることについて、この時代にまだ、フロッピー?といった笑いに近いニュースが流された。

実は、米国においても現在でもフロッピーディスクの需要があるという。

Appleinsiderによると、iMacは3.5インチフロッピー ディスクを廃止した最初の大量生産コンピュータであり、業界もすぐ後に続きましたが、それはそれらの市場がないという意味ではありません。

フロッピーディスクは 40年近くにわたって最高の地位を占めていましたが、Appl1998年にiMac G3を発表したときにフォーマットを放棄することを選択しました。同社は、ユーザーが書き込み可能な CD、高速ネットワーク、およびインターネットがディスクを時代遅れにするだろうと考えていました。

そして、ある程度、それは本当です。2006年までに、3.5インチ フロッピー ディスクは明らかにレガシーでした。2015年までに、それはほぼ絶滅しました。

しかし、フロッピーディスクドライブを提供する最新のデバイスはありませんが、依然として健全な市場があります。

Eye On Designは、 floppydisk.comの所有者である Tom Persky氏に話を聞きました。彼は自称「フロッピーディスクビジネスで最後に生きた男」です。

Persky氏は、空のフロッピーディスクを手に入れようとしている人々の最後の砦になるつもりはありませんでした。それは、彼が生き残り、競合他社から購入したときに起こったことです。

彼は最初、フロッピーディスクの複製から始めました。彼は、80 年代と90 年代にディスクをコピーすることは「お金を印刷するのと同じくらい効果的だった」と述べています。

しかし、フロッピー ディスクが使われなくなったとき、彼は新しい市場を見つけました。空のディスクを販売することです。大型小売店がディスクの取り扱いをやめた後、Persky氏はすぐにディスクを手に入れたい人たちの頼りになる存在になりました。

Persky氏はインタビューで、「私はフロッピー ディスクの在庫を持っている小さな会社ですが、この製品の世界的な供給業者であることに気付きました」と語っています。「以前は 90%がCDとDVDの複製であった私のビジネスは、今では 90%が空のフロッピー ディスクを販売しています。これは私にとって衝撃的です」

最近まで、米国国防総省が3.5 インチフロッピーディスクのヘビー ユーザーでした。5.25インチのディスクを必要とするシステムの一部は、2015年頃にサービスを停止しました。

2022年には、Persky氏の顧客の大部分が愛好家であり、多くの場合、一度に数十個のディスクを購入したいと考えています。ただし、彼の現在の最大の顧客ベースは産業ユーザーです。

「彼らは、フロッピーディスクを使ってマシンに情報を出し入れする人たちです。1990年に、何らかの大きな産業用マシンを構築していると想像してください」と彼は説明します。「50年間使用できるように設計し、利用可能な最高のテクノロジーを使用する必要があります。当時、これは 3.5インチのフロッピー ディスクでした」

Persky氏は、多くの産業ユーザーが航空業界や医療業界にいると述べています。彼は、最も重要な産業ユーザーは刺繍ビジネスではないかと考えています。

彼は、フロッピーディスクの需要が完全になくなるとは考えていませんが、フロッピーディスクがレコード盤と同じように熱狂するとは考えていません。

「フロッピー ディスクは、バギーの鞭やタイプライターにもう少し似たものになるでしょう。当時の収集価値のある驚異になるでしょう。今日、新しいタイプライターを製造するのがどれほど難しいか想像してみてください」

「タイプライターでしか書くことができないという事実について話しているアメリカの作家がたくさんいます。それは彼らの芸術的才能に結びついている彼らにとって非常に重要なことです」と彼は黙想します. 「フロッピーディスクは少し似たものになると思います。交換することはできません」

フロッピーディスクの現在の価格は、未使用の10 パックで約 5 ドル、50パックで50 ドル以上です。リサイクルされたフロッピーディスクは、50 個のディスクでわずか20 ドルで入手できます。

Last Updated on 2022年9月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。