iPhone 14のリードタイムは、予想を上回る需要を示している。

Morgan Stanleyの新しいAppleアナリスト、Erik Woodring氏は初期のiPhone 14のリードタイムを分析しました。通常、検討されるリードタイムは、注文後、製品が顧客に到着するまでにかかる時間です。

米国では、iPhone 14 Pro Maxのリードタイムが過去 6年間にリリースされたどのモデルよりも長く、デビューから同じ時期に 36.5日でした。iPhone 14 Proのリードタイムは、2021年にリリースされ たiPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxに匹敵する29.5日で、同じ時間枠で3番目に長いモデルです.

これは、中国でも見られたProモデルに対する米国での強い需要を示唆しています。中国の消費者は、最初の 24 時間で Pro シリーズを合計 200万件以上注文し、ウェブサイトサーバーをクラッシュさせました。

iPhone 14のリードタイムは6日と早く、このモデルに対する消費者の関心が低いことを示しています。リード タイムは、iPhone 14 ファミリーの最初の出荷日である 9 月 16日から計算されるため、iPhone 14 Plusにはリード タイムがありません。

参考までに日本のAppleオンラインストアでは、iPhone 14のリードタイムは2日で、iPhone 14 Pro(256GB)は4−5週間、iPhone 14 Pro Max(256GB)は、5-6週間となっており、Proモデルの販売が好調なようです。

リードタイムは必ずしも消費者の需要を完全に把握しているわけではありませんが、Appleのサプライ チェーンと、それがインフレなどの要因によってどのように影響を受けるかについての洞察を示すことができます。

(via Appleinsider

Last Updated on 2022年9月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。