アパレルのパタゴニアは、気候変動との戦いを支援するためにすべての利益を寄付

パタゴニアの創設者であるイヴォン・シュイナード氏は、会社をトラストに譲渡し、その利益が気候変動との闘いを支援するために使われるようにしました。

シュイナードと彼の家族は、パタゴニアの独立性を守るために設立された非営利団体とトラストに会社を譲渡することを決定し、パタゴニアの年間利益 1 億ドルを気候変動との戦いと「世界中の未開発の土地を保護する」ために使用することを保証しました。

ニューヨークタイムズによるとシュイナード氏は、気候変動と闘い、ビジネス規範を避け、莫大な富を持つ他の人々にそれを寄付するよう奨励することへの情熱で長い間知られています.

シュイナード氏はニューヨーク・タイムズとのインタビューで、「これが、一部の金持ちと一握りの貧乏人だけという結果に終わらない、新しい形の資本主義に影響を与えることを願っている」と語りました。「この地球を救うために積極的に活動している人々に最大限の金額を寄付し ます」

同紙によると、約30億ドルと評価されるパタゴニアは、年間利益が約1億ドルの非公開企業であり、過去数十年にわたって環境保護団体にすでに1億4000万ドル以上を寄付しています。

アウトドアアパレル企業であるパタゴニアは、毎年売り上げの1%を草の根活動家に寄付し続け、会社のリーダーシップは変わらない、とパタゴニアは声明で述べました。

(via CNET

Last Updated on 2022年9月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。