[地球環境]雨水を飲むのはどれくらい安全か?

画像:木製の樽に雨が降っている (Getty Images/BiancaGrueneberg)

アフリカを含む世界の多くの地域では、人々は飲料水源として、また他の家庭や生活の用途として雨水に依存しています。その理由の 1 つは水不足です。サハラ以南のアフリカには、世界で最も多くの水不足の国があります。

しかし、雨水を安全に飲めるかどうかについては懸念があります。周囲のほこりや灰、または屋根材からの重金属によって汚染される可能性があります。別の懸念は、ペルフルオロアルキルおよびポリフルオロアルキル物質 (PFAS)、または「永遠の化学物質」と呼ばれる製造された化学物質の存在です。環境科学者のイアン・カズンズと彼のチームが説明しているように、それらは雨水の家庭での使用に対する脅威です。

PFASとは何ですか?
なぜそれらについて心配する必要があるのですか?

PFAS は、環境中で分解されることがないため、「永遠の化学物質」と呼ばれることが多い人工物質のグループです。
それらは、空気、土壌、水中、野生生物、植物、人間など、いたるところに見られます。最も高い山、深海、および両極で見つけることができます。最近の研究では、チベット高原から南極まで、雨水中に PFAS が広範囲に存在することが強調され、最近発表された健康勧告によると、雨水はどこでも飲むのに安全ではないと考えられる可能性があると指摘されています。

米国環境保護庁によると、12,000以上のこれらの化学物質が使用されています。それらは、第二次世界大戦以来、幅広い産業および商業用途で大規模に生産および使用されてきました。よく知られている用途には、消火用泡、焦げ付き防止の調理器具、食品を包んで入れるために使用される紙や板紙などがあります。何百もの用途があり、多すぎて一覧にできません。

ほとんどの化学物質のヒトへの暴露経路と健康への影響は、十分な情報がある4つを除いて、ほとんど理解されていないか不明です。それらは、PFOS (パーフルオロオクタンスルホン酸)、PFOA (パーフルオロオクタン酸)、PFHxS (パーフルオロヘキサンスルホン酸)、および PFNA (パーフルオロノナン酸) です。

これら4つは、曝露(雨天に晒される)レベルが高いと、さまざまな形態の癌、発生毒性、不妊および妊娠合併症、高コレステロール、潰瘍性大腸炎、肝肥大 (「肥大」)、および甲状腺疾患を含む、深刻な人間の健康被害に関連しています。

飲料水に関する最近の非常に低い勧告は、これらの化学物質への曝露が子供のワクチン効果の低下につながる可能性があるという観察によって促されました.
PFAS は長い間使用されてきました。しかし、それらに関する集中的な研究が始まったのはわずか 20 年ほど前のことです。それ以来、毒性に関する知識は非常に増えました。この知見に基づいて、人間にとって安全であると考えられる曝露レベルは、ますます低く設定されています。

食品および飲料水の健康勧告における PFAS レベルは、達成が困難なレベルまで低下しています。これは、推奨値が環境内の PFAS レベルに近いか、それよりも高いためです。

私たちの最近の研究では、雨水中の特定の PFAS のレベルが、地球の最も遠い地域でさえ、現在、米国環境保護庁によって設定されたガイドラインを超えていることを示しました.

雨水やその他の環境媒体中の 4 つの PFAS のレベルが最近増加していないことに注意することが重要です。これらのいわゆる「レガシー」PFASの使用と排出は、近年多くの国で中止されました。しかし、それらの安定性は、それらが無期限に環境に留まることを意味します.

大気中の4つの PFASのレベルは、 2000年代初頭に最初に測定されて以来安定しており、それ以来、それらのレベルは最新の飲料水勧告を上回っています。

状況もすぐには改善されません。PFASは環境中で分解しません。私たちが食物を生産する環境からそれらを除去する唯一の方法は、深海へのゆっくりとした希釈です。雨水レベルが健康勧告で設定されたレベルを下回るには数十年かかる場合があります。正確な回復時間は不明です。

人々はどのように最も暴露されていますか?
十分に研究されている 4つの PFASについて、ヒトは主に食品、飲料水、家庭用粉塵を通じて暴露されます。食品や飲料水は、主に環境によって汚染されています。

より大きなクラスの PFAS については、ヒトの曝露経路は非常に多様であり、監視も研究もまったく行われていない何千もの PFAS が他にもあるため、それらの曝露レベルや毒性については何もわかっていません。

水から PFASを除去する方法はありますが、レベルを最新の健康勧告よりも低くできるかどうかは明らかではありません。
定期的に掃除機をかけることで粉塵への露出を減らすことができますが、食品からPFASを除去する方法はありません。したがって、低レベルPFASへの曝露を完全に回避することはできません。人間はそれと共に生きていかなければなりません。

雨水を飲んでも安全ですか?
私たちは不確かです。上記の影響の多くが、pg/L または ng/L (ピコグラム/リットルおよびナノグラム/リットルは濃度の単位) の非常に低い暴露レベルで観察される可能性は低いです。これらの低レベルで観察される可能性のある影響は、ワクチンの有効性の低下です。

健康勧告が非常に低く設定されているのは、当局がそのレベルで影響が発生しないことをほぼ確実にしたいためです. 予防的仮定は、公衆が確実に保護されるようにするために使用されます。したがって、大規模な影響が発生しないことを期待する必要がありますが、確実ではありません。

どのような教訓を学ぶことができますか?
現在、12,000を超える PFASが使用されており、何百もの個別の用途があります。すべての PFASは人工物であるため、自然環境には存在しません。それらの永遠の存在と潜在的な毒性についての懸念により、科学者は、PFASはそれらが不可欠な場合にのみ使用されるべきであり、使用されるすべての PFASの必須性が評価されるべきであると示唆しています.

イアン・カズンズ、汚染物質化学教授、ストックホルム大学; Bo Sha、博士号候補、ストックホルム大学; Jana H. Johansson、研究員、環境科学部、ストックホルム大学; Martin Scheringer、上級科学者、スイス連邦工科大学チューリッヒ校、およびMatthew Salter、研究員、環境科学科、ストックホルム大学

(via Salon

Last Updated on 2022年9月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。