Apple、iPhoneハードウェア・サブスクリプションを今年後半に開始する可能性

Appleは、新しい iPhone 14シリーズのラインナップを発表しました。第1派の予約注文はすでに開始されており、配達は10 月まで続く可能性がありますが、新しい iPhoneの発表中に欠けていたことが 1つあります。それは、Apple OneとiPhone やiPadなどの製品をバンドルする噂のハードウェア サブスクリプション サービスです。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、最新のPower Onニュースレターで、このサービスはまだ提供されておらず、早ければ今年後半に開始される可能性があると述べています。

この新しい iPhone ハードウェア・サブスクリプションサービスは、Bloombergによって 3 月に報告されました。このイニシアチブについてAppleの「自動的に定期的な販売に向けたこれまでで最大の推進力」と説明しています。

この新しいハードウェア・サブスクリプションサービスは、Apple Oneバンドル AppleCareに結びつく可能性があります。現在、AppleCareとApple One は互いに独立しています。ただし、iPhone アップグレード プログラムを通じて iPhone を購入すると、AppleCareを取得できます。

このプログラムは、月額料金が12 か月または 24 か月に分割されたデバイスの価格ではないという点で分割払いプログラムとは異なります。むしろ、ユーザーが選択したデバイスに応じた月額料金になります。

同社は、新しいハードウェアが登場したときに、プログラムのユーザーがデバイスを新しいモデルに交換できるようにすることについて話し合っています. これまで、iPhone、iPad、Apple Watch などの主要デバイスの新バージョンを年に 1 回リリースしています。

グルーマン氏は、Apple が「この新しいサービスを積極的にテストしている」と述べて、彼のレポートを繰り返しました。

「同社は確かに、Apple Oneバンドルと統合するハードウェア サブスクリプション サービスに取り組んでいます。Appleはこの新しいサービスを積極的にテストしており、今年後半か来年のいずれかでサービスが開始されることを期待しています」

Apple が iPhone 14のリリースと同時にハードウェア サブスクリプション サービスを発表しなかった理由は、「発売日の複雑さを軽減するためです。結局のところ、iPhone を購入するまったく新しい方法が追加されることになります。」

来月には iPadとMacに焦点を当てた新しいイベントが噂されているため、これは Apple がこのハードウェア・サブスクリプションサービスを発表するのに最適な時期である可能性があり、これもホリデー シーズン前の適切なタイミングで提供されるでしょう。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。