首に鎌がかけられた「吸血鬼」の墓がポーランドで発見

画像著作権 : Miroslav Blicharski / Aleksander

トルン・ニコラス・コペルニクス大学の考古学者は、吸血鬼への昇天を防ぐために首に鎌をかぶせて埋葬された「女性の吸血鬼」を含む18世紀の墓を発見しました。血を吸う精霊、つまり人間の肉を食べる悪魔の概念は、何世紀にもわたってほとんどすべての文明の神話や民話で語られてきました。

最も初期の吸血鬼の描写の 1 つは、アッカド人、サマリア人、アッシリア人、バビロニア人による楔形文字のテキストに由来し、リルやリリトゥなどの悪魔のような人物に言及していました。

17 世紀後半から 18 世紀にかけて、私たちが想像する吸血鬼の民間伝承は、ヨーロッパの多くの民族グループの口頭の伝統と伝承の中で蔓延しました。

彼らは、邪悪な存在のレヴナント、自殺の犠牲者、魔女、悪意のある精神に取り憑かれた死体、または吸血鬼の攻撃の犠牲者として説明されました.
18 世紀には、東ヨーロッパ全体でヴァンパイアの目撃情報がピークに達し、頻繁な発掘と潜在的なレヴナントを殺すための杭打ちが行われました。この時期は、一般に「18 世紀の吸血鬼論争」と呼ばれていました。

考古学者は、ポーランド北部の都市ビドゴシチ近くで埋葬を発見しました。人類学的研究により、彼女の前歯が突き出ていることが明らかになり、彼女の外見が 17 世紀の迷信的な地元の人々に魔女または吸血鬼の烙印を押された可能性があることを示唆しています。彼女の昇天を恐れて、鎌が首にかけられ、南京錠が左足のつま先に結び付けられました。

鎌に言及して、ニコラス・コペルニクス大学のダリウス・ポリンスキー教授は、墓からよみがえろうとした場合、この位置は個人の首をはねるだろうと説明しました。

墓の病的な性質にもかかわらず、女性は17世紀には贅沢品であった絹の帽子をかぶって埋葬されており、故人が高い社会的地位を持っていたことを示唆しています.

以前の埋葬はポーランドで発見されており、クラクフで発掘された切断された頭を持ついくつかの骸骨や、口にレンガを押し込まれたカミエ・ポモルスキーの埋葬など、反吸血鬼の習慣を示していますが、これはポーランドで最初の例です。鎌は吸血鬼への昇天を防ぐために配置されています。

(via HERITAGE DAILY

Last Updated on 2022年9月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。