iPhoneの古典的なバッテリーインジケーターは、iPhone 14 Proモデルで復活する可能性

AppleはiPhone 14シリーズを搭載した次世代の iPhoneを発表します。
噂では、会社がiPhone Proシリーズでは、Appleがノッチを廃止する削除する新しいデザインが広まっています。

このデザイン変更は、ステータス バーの従来のバッテリー インジケーターを復活させる可能性があることを示唆しています。。

フォーラムでMacRumorsと共有された情報によると、匿名のリーカーは、iOS 16 を搭載した iPhone 14 Pro がステータスバーの従来のバッテリーインジケーターを復活させると主張しています。さらに、 9to5Macが独占的にレポートした新しい Always-on Display テクノロジーを使用して、このスマートフォンがどのように見えるかについての情報も共有しました。

iOS 16 ベータ 5では、AppleはiPhoneのバッテリーのパーセンテージをバッテリーアイコン内に追加しました。多くのiPhoneモデルがこの新しい外観を利用できるようになりますが、AppleはiPhone 14 Proシリーズ専用のデザインにおいて、クラシックなステータスバーを復活させることを目指しているようです.

これにより、Appleはキャリア信号バーを左側に移動し、位置の切り替えと完全なバッテリー情報 (アイコン + パーセンテージ) を右側に移動します。これが本当なら、Appleがこのクラシックなデザインを採用するのは、SEシリーズを除いて、iPhone 8以来初めてです。

同じ匿名のリーカーから、MacRumorsがまた、Always-on Displayテクノロジーが iPhone 14 Pro シリーズでどのように動作するかを共有しました。
深度効果のあるロック画面の壁紙の背景は削除され、完全に暗くなります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。