iPhone、米国の市場占有率(アクティブユーザーベース)が50%を超える

フィナンシャル タイムズのレポートによると、Apple iPhone は、金融やヘルスケアなどの分野への進出を続けているため、現在、米国のスマートフォン市場ではAndroidよりも優位に立っています。

iPhoneは今やスマートフォンの使用に関して Androidを上回り、iPhoneは6月に終了する四半期中に50%の市場線輸率というランドマークを通過しました。一方、SamsungやLenovo など、Android を使用する約150のモバイルブランドが残りを占めています。

フィナンシャルタイムズ は、この数字は使用中のスマートフォン、つまり「アクティブインストールベース」に基づいていると述べています。これは、Apple の財務責任者である Luca Maestri氏が7 月の決算報告で「当社のエンジン」と呼んでいるものです。ただし、これは、四半期ごとに変動する可能性がある新しい携帯電話の出荷とは異なる集計カテゴリであることに注意してください。

アクティブなインストール ベースに関しては、これらの数字には、中古電話市場を通じてAppleエコシステムに持ち込まれた何百万人もの人々と、何年も前に購入した古いモデルの iPhoneを使い続けている人々も考慮されています。

Counterpoint のリサーチディレクターであるJeff Fieldhack氏は、次のように述べています。「過去 4 年間の流れは一貫して AndroidからiOS へと流れていました。これは、世界中の他の裕福な国でも同様の傾向です」

Androidに関しては、iPhoneのデビューからほぼ 1 年後の 2008年に、Androidを搭載した最初のスマートフォンが発売されました。NPDグループによると、Androidは2010年にiOSのインストールベースを追い越しました。2010年以前の3年間、主に Nokia、Motorola、BlackBerryによる販売により、Appleが市場シェアの50%に近づくことはありませんでした。

iPhoneはAppleを世界最大の企業になるために役立ちました。同社の時価総額は2.5兆ドルです。7月末の時点で、Appleは6月四半期の売上高を830億ドルと計上しました。

Appleの場合、9月7日の「Far Out」メディアイベントで、次世代のiPhone 14シリーズが発表されます。さらに、多くの人がApple Watch Series 8のデビューを期待しています.

Apple ファンにとってエキサイティングな時期であり、2022 年末に向けて状況が明るくなるだけであることは間違いありません。Appleがスマートフォン市場でAndroidをリードするこの傾向を継続するかどうかは興味深いことです。

(via MacObserver

Last Updated on 2022年9月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。