ハッカーがSamsung の顧客データにアクセス

ハッカーが Samsung の米国システムにアクセスし、顧客情報を盗んだ、と携帯電話大手は2022年9月2日に発表しました。サイバーセキュリティ侵害は7月下旬に発生し、8月4日までに、Samsungは顧客情報が盗まれたことを発見しました。

Samsungによると、ハッカーは社会保障番号やクレジット カードやデビットカードの番号にアクセスできなかったということです。影響を受けた情報には、名前、連絡先、人口統計情報、生年月日、製品登録情報が含まれていました。また、Samsung は、消費者向けデバイスはこの事件の影響を受けておらず、顧客は引き続き Samsungの製品とサービスを通常どおり使用できると述べています。

同社はオンラインに掲載された短い通知の中で、「影響を受けたシステムを保護するための措置を講じ、外部の主要なサイバーセキュリティ会社と協力し、法執行機関と協力している」と述べました。

Samsungはまた、影響を受けた顧客にこの問題について直接連絡したと述べました. 会社が影響を受ける他の顧客を発見した場合、それに応じて通知します。

今年の初めに、南米のハッキンググループLapsus$ がGalaxyデバイスのソースコードへのアクセスを獲得しましたが、この事件で顧客の個人情報が漏えいすることはありませんでした。

(via ZDNET

Last Updated on 2022年9月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。