iPhone 14 Proのディスプレイカットアウトは、電源をオンにすると単一の長い楕円形として表示される可能性

Appleの今後のiPhone 14 Proモデルには、ディスプレイの上部近くにホールパンチとピル型のカットアウトの両方が搭載されるという噂が最初に示唆されてから、ほぼ12か月が経過しました. この設計の詳細はその後、著名なアナリストによって裏付けられましたが、iPhoneディスプレイがアクティブなときに Appleのソフトウェアがどのようにカットアウトに対応するかについては、あまり明確ではありません。今日、私たちはパズルの別のピースを与えられたかもしれません。

匿名の情報提供者から MacRumors に提供された情報によると、ディスプレイの電源を入れたときに個別のカットアウトが視覚的に分離されていませんが、実際には1つの連続した長い楕円形のように見えます。

不均一な外見に固執するのではなく、画面上のコンテンツを表示するときに気を散らさない統一された形状の外観を作成するために、カットアウト間の「デッドスペース」のピクセルをオフにすることを選択したことが示唆されています.

別の興味深いひねりとして、情報提供者は、Apple がコンテンツをホストするためにカットアウトの周りの黒く塗りつぶされた領域を視覚的に拡大するつもりであるとも主張しています。たとえば、Apple は、特定の通知を配信するときに、領域をわずかに広げて左右のステータス アイコンに合わせたり、下方向に拡張して大きな丸みを帯びた正方形にすることさえできます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。