Kuo氏、AppleはiPhone 14の衛星接続のテストを完了、サービス提供はパートナー次第

Appleアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、 Appleは実際にiPhone 14の衛星接続に取り組んでおり、大量生産に先立ってこの機能のハードウェア テストを完了しています。

Kuo氏は、Appleは衛星接続をハードウェアでサポートしていると述べていますが、iPhone 14が衛星通信をサポートするかどうかは、「Appleと通信事業者がビジネスモデルを解決できるかどうか」にかかっています. iPhone 13にも衛星ハードウェアが搭載されていますが、「ビジネス モデルが交渉されていなかった」ため、接続は実装されませんでした。

クオ氏によると、iPhoneがいつ衛星通信サービスを提供するかを「予測するのは難しい」が、「いずれ」実現すると予想されている。それが実装されると、iPhone 14以降では、衛星接続が緊急テキストメッセージと音声サービスに使用されます。Bloombergのマーク・ガーマン氏は、iPhoneユーザーは衛星接続を使用して、セルラーサービスのない地域の当局に緊急事態を報告し、緊急事態が発生した場合に連絡先にショートメッセージを送信できるようになると述べています。

AppleがGlobalstar と協力しているとの噂があり、Kuo氏は、Appleが提携する可能性が最も高い事業者は実際にGlobalstarであると述べています。衛星通信コンサルタントのTim Ferrar氏は金曜日、AppleとGlobalstarがiPhone 14向けの衛星通信機能を開始することを予想していると語りました。

T-MobileとSpaceXは先週、「satellite-to-cellular」サービスを使用して米国内のどこでもスマートフォン接続を提供する計画を発表しましたが、発表のタイミングは、Apple自身の衛星関連の発表を先取りするために計画された可能性があります。SpaceXとT-Mobile は2023年にサービスのベータ版を開始する予定です。そのため、このサービスの開始はiPhone 14ではない可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。