Apple、ARヘッドセットの発売前に「Reality One」と「Reality Pro」の商標を申請

Appleは、最初の拡張現実ヘッドセットデバイスを導入する準備をしているため、さまざまな「現実」の名前の商標出願プロセスを開始しました。Bloombergは、 Apple に関連する企業が「Reality One」、「Reality Pro」、「Reality Processor」などの名前を申請したと報告しています。

ただし、ヘッドセットが 9月7日の iPhone 14イベントの一部として登場するとは思わないでください。最新の噂では、2023年初頭にヘッドセットの製品が発売されることが一般的に指摘されています。

「Reality」ブランディングに対する Appleの関心は、2017年にBloombergが、Appleが「rOS」またはrealityOS に取り組んでいると最初に報告したときから知られていました。2019年、Appleは、拡張現実体験の作成を支援するために、「RealityKit」という名前の開発者フレームワークを公開しました。

もちろん、Reality OneやReality Proの名前など、提案された商標をAppleが使用するという保証はありません。まず、それらはまだ許可されていません。ただし、ロジックは確認できます。AR ヘッドセットは、この分野におけるAppleの最初の製品であり、したがってReality Oneが使用される可能性があります。

これは第1世代のヘッドセットはハイエンド デバイスであると噂されているためです。消費者向け製品というよりは、技術デモのようなものです。ヘッドセットには、両眼用に1つずつ、2つの超高解像度ディスプレイ、多数のカメラとセンサーが搭載される予定です。

Realityプロセッサは当然、デバイス用に設計されたカスタムAppleシリコンを指します。このチップは、2022 MacBook Airに見られるM2 チップに似ていると予想されます。The Informationによると、第 1 世代のヘッドセットには、イメージングパイプラインを管理するための特別なコプロセッサも搭載されるという。

Apple の秋の最初のメディアイベントは9月7日(日本時間9月8日)に開催されます。ヘッドセットが登場することは期待されていませんが、実際のリリースの数か月前に Appleがヘッドセットをプレビューすることは当然のため、あらゆる可能性があります。 9月7日に確実に発表が予想されるのは、iPhone 14のラインナップと Apple Watch Series 8です。ヘッドセットは、2023年春に発表される可能性が最も高いようです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年8月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。