[ドッペルゲンガー?]血縁関係はないが、双子のような外見を持った人たちが、 同様のDNAを持っている可能性があることを発見

画像ソース:BBC

新しい研究によると、似たような身体的特徴を共有する人々は似たようなDNA を持っている可能性があることが示されています。

Cell Reportsに掲載されたこの研究の著者は、双子のような外観、ライフスタイル、および遺伝物質を比較しました。彼らは、同様のDNAが行動と外見の両方で人々を結びつけることができることを発見しました。

顔認識アルゴリズムを使用して、研究者は最も正確な双子のペアを特定しました。次に、参加者に生体認証、ライフスタイル、採取した唾液 DNA サンプルに関するアンケートに記入するよう求めました。

このデータにより、ドッペルゲンガー(自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種)のゲノム、エピゲノム、さらにはマイクロバイオームにわたる類似性を比較して、ドッペルゲンガーの構成が人の外見にどのように影響するかを確認することができました。

研究の結果、双子の遺伝子型は似ているが、DNAメチル化とマイクロバイオームに違いがあることが示されました。

興味深いことに、彼らは、似たような遺伝子構成を持つドッペルゲンガーが似たような喫煙や教育習慣を示すことを発見しました。

「これらの結果は、犯罪者の顔のDNA再構築や遺伝子診断など、法医学に影響を与える可能性があります。患者の顔の写真から、彼がどのようなゲノムを持っているかの手がかりが得られます。究極の課題は、マルチオミック(生物学的統合分析)に基づいて人間の顔の構造を予測することです」と、研究の主執筆者であるマネル・エステル氏は述べています。

(via Anomalien.com

Last Updated on 2022年8月26日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。