[スペースサイエンス]NASAが不気味なブラックホールの音を含んだ動画を公開

NASA の科学者たちは、私たちから2億光年以上離れた超大質量ブラック ホールが発する音を記録することに成功しました。不気味な音の録音が NASA のマーシャル宇宙飛行センターのYouTubeチャンネルで公開されました。

科学者によって音が記録されたブラックホールは、ペルセウス座の銀河団にあります。それは幅が1100万光年の高温ガスの雲に包まれた銀河のグループです。

ペルセウス銀河団のブラック ホールは、ガスの雲の近くにあり、この事実が穴の音を発します。
実は、ブラック ホール自体は何の音も発しませんが、ペルセウス座銀河団のブラック ホールの場合は特別です。音波は、ブラック ホールの潮汐力の影響下でガス雲を伝播する波紋によって生成されます。

2003年、NASAのチャンドラ X 線天文台の科学者は、これらの奇妙な波紋に関するデータを収集し、それらから音を生成しました。

しかし、それらの音は人間の耳に聞こえるレベル以下でした。新しい研究の著者は、これを修正することを決定し、サウンド データを修正して、57オクターブ〜58オクターブ上げました。その結果、宇宙からの非常に不気味な音が聞こえてきます。

(via anomalien.com

Last Updated on 2022年8月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。